表面処理技術部では、あらゆるニーズに対応する高品質な表面処理技術の研究開発を行っています。蓄積されたノウハウをベースに、幅広い視野から研究を行い、多角的な技術を展開しています。

従来の溶融亜鉛めっきの数倍の耐食性を持つ「SGめっき」、膜厚が30~40μと非常に薄く、処理後の外観が美しい「KSGめっき」、幅広い金属に対応し、被めっき物の形状を問わない「無電解ニッケルめっき」など、表面処理技術部は金属の可能性を際限なく広げてきました。

また、新たな表面処理だけでなく、既存の技術を見直し、品質の向上、生産性向上を目的とした新工法の開発を行い、お客様へ付加価値の高いサービスを提供できるよう日々努力しています。 興和工業所は表面処理技術のパイオニアとして、これからもより高品質な表面処理技術を開発し、ますます多様化するお客様のご要望にお応えしてまいります。

興和工業所は表面処理技術のパイオニアとして、さまざまな技術を確立しています。これからも、より高品質な表面処理技術の開発にも努力して、ますます多様化するお客様のご要望にお応えしてまいります。